眠れない時に効果的な3つの方法

私は以前、仕事が忙しくなりストレスも多く、不眠症に悩んだ時がありました。 ベッドの上でいざ寝ようとしてもいつの間にかあれこれと考え事をしていて、気付いたら2時間程経っていたという事もあります。 毎日3時間程度の睡眠しか取れない状態が半年程続きました。 目覚めも悪く、いつも疲れた様な顔をしていて「大丈夫?」と言われる事も度々ありました。

 

こんな状態がずっと続くと困るので、考えられる色んな方法を試していくうちに、ようやく自分に合った眠りにつく方法をいくつか見つけました。

 

1つ目は、温かい牛乳を飲んでコーヒー等のカフェインを絶対に摂らないという方法です。 温かい牛乳というとベタな方法ですが、意外とこれが馬鹿に出来ない効果があったのです。 牛乳は胃の粘膜を守ってくれる効果もあるので、眠る前に飲んでも胃に負担がかかる事はありませんので安心して飲めます。

 

2つ目は身体を温めるという方法です。 ぬるま湯の湯船に入るのが一番理想的ですが、忙しいとなかなか湯船に浸かる時間がありません。 そこで、足と首の後ろ、そして目の上を温かいタオル等で温めるのです。 タオルにイランイランやゼラニウムのアロマオイルを垂らすと香りに癒されてより効果的になります。 アロマオイルを使用する時の注意点としては、香りにはそれぞれ効果があるので目が冴えるミントの様な香りは避け、リラックス効果の高い香りを選ぶという事です。 女性であれば女性ホルモンや自立神経を整える香りがあるので、寝る前にその香りを嗅ぐ事でより効果が増します。

 

3つ目はヒーリングミュージックを聴く事です。 最近ではYouTubeでヒーリングミュージックを聴く事も出来ますし、ジェットストリームの様な寝る事を想定したチャンネルも沢山あるので小さく音を出しながら寝ると良いと思います。 その時は携帯はなるべく顔から離して下さい。 なぜなら携帯は電磁波を出すので近くにあると身体が電磁波の影響を受けてリラックス出来ない状態になってしまうからです。

 

他にも足裏に貼る樹液シートという物が販売されていて、そのシートを貼って寝ると寝付きも目覚めも良くなった気がします。

 

睡眠を摂る事は人間にとってとても大切な基本なので、自分に合った安眠出来る方法を見つけると良いと思います。

睡眠ドリンクならマインドガードDXがオススメ!