ストレスで不眠症になり病院に行きました

私は生活のストレスから眠れなくなってかなり疲れていました。睡眠は健康にとって大切なもので、不眠になってからは体がだるくて日中の作業が疎かになるほどでした。

 

不眠になった原因の一つは、ある英会話学校のホームティーチャーにトライして、子供に英会話を教えるようになってから、そのことが苦になって、なかなか眠れなくなったのでした。

 

子供が得意ではないのに、英語が話せるということだけでホームティーチャーになったのですが、やはり私には無理なことでした。

 

当時、不眠症になって困っていた時に、総合病院の心療内科を受診しましたら、やはりホームティーチャーの仕事に対するストレスが大きくて体に影響を与えているということで、思い切ってホームティーチャーをやめることにしました。

 

教えていた子供は私のことが好きだと言うことで、病気だったら治るまで待ちますと言ってくれましたが、私はホームティーチャーに戻る気はまったくありませんでしたので、本部に言って私が受け持っていた子供達には他の先生のところに通うようにしてもらいました。

 

それで、病院に行き、睡眠導入剤や精神安定剤などを処方してもらい、お薬の力を借りて、寝るようになりました。お薬を飲んだら眠ることが出来るので翌日の体が軽く感じてなかなかいい感じで過ごしています。眠れなくてつらかった思いをしたので、お薬を飲んででも眠れることは良いことだと思います。眠れないまま無理をしていたら、いろいろなところに故障が出ていただろうな、と思います。精神的に負荷がかからないようになっても、私の不眠症は続いていますが、病院に通ってお薬の量を変化させて、今はちょうどいい量になっているようで、毎晩、ちゃんと眠れるようになっています。

 

眠れないとすごくつらいので、眠れるだけでもありがたいと思うようになりました。それでもお薬の効果には波があって、とてもよく効く時とあまり効果が現れないときがあることに気づいています。

睡眠ドリンクならマインドガードDXがオススメ!