一昨年、私は不眠に悩まされました

私は一昨年、一週間ほどの不眠に悩まされました。今思えば、それ以前より、前兆となるような出来事は、いくつもあったのでした。

 

不眠に悩んだ前年の暮れ、私は仕事の忙しさから結膜炎になり、仕事納めの日に眼科まで行き、会社で一番遅くに退社しました。明けて翌年、首筋に張りが感じられ、最初は寝違えただけだろうと軽く考えていたのですが、その状態が1週間も続いたのでした。そして、だんだんとその頃から不眠状態が続き、体は疲れているのに、気持ちに気合が入りすぎているような感じだったのでした。

 

その後、今度は立ちながら誰かと話をしていると、気を抜いたときにフラッと倒れそうになってしまい、めまいが生じてきたのでした。そして今度は手の指先にしびれまで生じ、不眠状態と合わせて、妻まで心配しだし、私は地元の脳神経外科に行き、症状を診てもらいました。医師の勧めもあってMRIを撮りましたが、妻に脳梗塞の前兆ではないかと脅されていたため、私は診断結果が出るまでの30分間はドキドキして怖かったのを覚えています。

 

幸い、結果は脳には異状なしとのことでしたが、過度の疲労やストレスによって血の巡りが悪くなり、それが目まいやしびれを引き起こし、不眠にもつながっていたそうです。そして医師曰く、生活習慣も見直す必要があり、適度な運動を毎日心がけることやカフェインの多い飲み物をしばらく避けるように言われました。

 

私はさっそく、体調不良や不眠を改善するために、まずは簡単に、刺激性のある食べ物や飲み物を、日常摂取しないよう心がけました。私はそれまで、一日の間にコーヒーを何杯も飲んでいたため、それを抑えることはかえってストレスにもなるのではないかと心配でしたが、やがてそれも慣れました。

 

そして、会社から家に帰ると、家でできる簡単な運動ということで、階段を使った昇降運動を毎日20分から30分行なうようにしました。これだけでも自然と眠れるようになり、体調もよくなっていきました。今はさらに、寝る前など特に、仕事のことや同じことばかりを深く考えずに寝ることを意識しています。

睡眠ドリンクならマインドガードDXがオススメ!